Wooddeck

人工木材で、裸足で過ごせるウッドデッキを

わが家にウッドデッキを作りたい方は多いと思います。特に小さなお子さんがいるご家庭では、裸足で安心して過ごせるウッドデッキは1つの夢ですよね。でも、天然木材で作った場合、仕上がりは素晴らしいとのの、いつまでその状態が続くのか、どんなメンテナンスをすれば良いのか気になる部分かと思います。天然木材は、雨風に打たれ、強い日差しを浴びるうちに、退色や傷みが進み、最悪の場合は腐ったり割れたりすることも。そうなると、見栄えが悪いのはもちろん、裸足を傷つけたり転んで怪我の元になります。これらのデメリットを防ぐ方法は、こまめにメンテナンスをすること。しかし、日々自分で細かく手入れをし、数ヶ月に1度、専門の業者を呼ぶのは、お金や手間の部分で難しいでしょう。
そこで、お勧めしたいのが、人工木材のウッドデッキ。天然木材の良いところ、木目の美しさや手触りの良さ、自然な風合いをもちつつ、天然木材では難しかった劣化を防ぐことができます。見た目も、いかにも人工木材といった安っぽいものではなく、天然木材にかなり近い美しい質感。美しさと共に、劣化しづらい耐久性を兼ね備えた人工木材ウッドデッキは、まさに「いいとこ取り」の素材なのです。
メンテナンスに煩わされることもなく、怪我を心配することも減り、家族が安心して過ごせるようになる。それが、人工木材のウッドデッキならではのメリットです。

人工木材を使ったウッドデッキがおすすめ

人工木材は天然木に似た風合いの樹脂と木粉を混ぜ合わせて作られてできたものです。天然木材よりも耐久性があり腐りづらいなどの性質があります。中でもウッドデッキに使用されている頻度が高く、人工木材を使用したウッドデッキは公共施設以外の一般家庭でも多く使われていて、90%のシェアを占めていると言われています。何故、そんなに人工木材が多く使われているのかと言うとその素材にあると考えられます。
いくつかメリットをあげてみましょう。
まず、ウッドデッキは木の風合いを持ちながら水、湿気に強く、また、シロアリに浸食される心配がありません。直射日光や雨、風などの環境条件にも色褪せ、退色しづらくなっています。また、耐久性、耐候性があるので屋外などのウッドデッキなどに適した素材であるとともに、滑りづらく天然木の様にささくれが生じにくい為、小さなお子様やペットにも安心です。そのうえ天然木にくらべ軽く、お値段も比較的リーズナブルなど、様々なメリットが考えられます。
施工に関しは、もちろん日曜大工、DIYが好きであったり、チャレンジして自分で材料を購入して自作される方もいらっしゃると思うのですが、色々な組み合わせや部材、寸法などを考えますと、やはり専門業者に依頼して施工される方が多いと思います。
確実ですし、施工などに関して相談できますし、アフターサービスなど考えると安心できると思います。

耐久性のある人工木材が心地いい!

ウッドデッキを設置するなら、人工木材がお勧めです。人工木材には、天然木材に比べると様々な利便性があります。例えば、夏の暑い日など子供やペットは、遊びに夢中になりすぎてウッドデッキの木の温度が上昇していることも気づかず、火傷を負ってしまうという危険性がでてきますね。こんな時、人工木材であれば、熱をためずに、火傷をする心配がなく、安心してウッドデッキでくつろげるでしょう。また、天然素材だと、木に水分を含むので、ひびがいったり割れたりということにみまわれますが、耐久性にすぐれた人工木材は、ささくれる心配もなく、素材や質感が安定していて手触り感も良く、様々な点から、優れています。また、天然素材での場合は、長い年月が立つと腐ったりと老朽化が進み手入れなども大変になってきます。
そう言った意味でも、人工木材は、心配がなく、手入れも手軽なところがうれしいですね!子供の遊び場、家族のくつろぐ場所、また、家庭菜園の場としてもウッドデッキの人気が上向いています。おうちにお洒落なウッドデッキがあれば、癒されれる空間が生まれ、また、見た目もお洒落な外観になりますね。是非、ウッドデッキの設置を考られているのなら人工木材で、専門業者へ依頼することをお勧めします。


本物に近い質感があるメンテナンスが簡単な人工木材を購入するなら【MINO】の彩木がおすすめですよ!実際に触ってみたい方は無料サンプリング請求をすることも可能です。

人工木材で憧れのウッドデッキ

ウッドデッキで遊ぶ子供

家族で過ごすリビングの窓の外。そこには自然を感じさせるウッドデッキ。そしてそこでくつろぐ休日。そんな素敵な光景に憧れたことはありませんか。最近ウッドデッキって流行っていますよね。街中でも庭先にウッドデッキがついているお家を見ることも珍しくありません。気軽の外の空気を味わうことができるウッドデッキは休日にお子様と外で遊ぶことも、お友達を呼んでパーティーを開くことも気軽にできます。でもウッドデッキって屋根もないし、風雨にさらされてメンテナンスが大変そう。腐ったりシロアリがついたりしないかも心配ですよね。確かに天然木使うと、その心配が大い…

人工木材と天然木材との違いを解説

くつろぐ女性

人工木材とは、ABS樹脂などのプラスチック系樹脂と木粉を混ぜて作られる工業製品で、プラスチックの性質と木材の性質二つを併せ持っています。天然木材での考えられるデメリットはまず、腐食やシロアリなどの被害のリスクがありますが、人工木材を用いればそれらのリスクを低減出来るというメリットがあります。そのため雨風にさらされる野外のウッドデッキなどに向いている素材です。しかし各メーカーでいろいろな割合で木粉を混ぜて木の質感を表現しているので、木の腐食やシロアリの被害もその木粉の割合に応じた分高くなります。割合が多ければ多いほど天然木材のような質感を表現…

機能性も抜群で傷みにくい人工木材

ウッドデッキ制作中

家を建てたり購入すると、リビングやダイニングから続くウッドデッキに憧れて、設置したいというかたも多いと思います。ウッドデッキをテラス風に使ってティータイムなどゆったり過ごすのも、一戸建ての楽しみだったりします。しかし、ウッドデッキは傷んだり腐ったりするので、購入や設置を躊躇してしまうかたも多いようです。そのような時は、人工木材で出来たウッドデッキがおすすめです。現在はいろいろなメーカーから、たくさんの人工木材のウッドデッキが発売されています。人工木材なので、木製と違って傷んだり腐ったりという心配もありません。外に設置するものなので、雨や風に…

ガーデニングに最適な人工木材ウッドデッキ

いろんなサボテン

一戸建てで、素敵なガーデン作りやガーデニングが趣味の方は、ウッドデッキを欲しいという方も多いようです。やっぱりウッドデッキがあると、お庭が映えて素敵ですよね。ウッドデッキにお花を飾ったり、ぶら下げたりとアレンジの幅も広がります。しかしガーデニングでは水を使うので、ウッドデッキの傷みも気になるところです。最近出ている人工木材は、水にも強いのでガーデニングが趣味の方にも適しています。水やりの時にウッドデッキの傷みを気にしなくて良かったり、土などで汚れてしまってもホースで水をかけてキレイにすることが出来ます。メンテナンスもとてもラクなので、汚れや傷みを気…