Wooddeck

人工木材と天然木材との違いを解説

くつろぐ女性

人工木材とは、ABS樹脂などのプラスチック系樹脂と木粉を混ぜて作られる工業製品で、プラスチックの性質と木材の性質二つを併せ持っています。
天然木材での考えられるデメリットはまず、腐食やシロアリなどの被害のリスクがありますが、人工木材を用いればそれらのリスクを低減出来るというメリットがあります。そのため雨風にさらされる野外のウッドデッキなどに向いている素材です。しかし各メーカーでいろいろな割合で木粉を混ぜて木の質感を表現しているので、木の腐食やシロアリの被害もその木粉の割合に応じた分高くなります。割合が多ければ多いほど天然木材のような質感を表現できますが、低いとプラスチックの質感になるがリスクは低減出来る事になります。メーカーはこのようなリスクの可能性や性能を公開しているのでこれらの数値はしっかり確認しましょう。
人工木材の多くは中空構造なものが多く、軽く施行場所に応じた加工が簡単で特に工業製品ですので品質にバラつきが無く、施工コストも抑えられます。また天然木材は耐腐食性を高めるためコールタールを塗ったり、人工的なコーティング材の定期的なメンテナンスを必要としますが人工木材はメンテナンスフリーなものが多いようで、汚れてもブラッシングで落ち、紙やすりなどの研磨で汚れを落とす事も可能です。人工木材のデメリットは熱による膨張が変形が大きい事です。この為施工の際は天然木材とは扱い方が異なります。

人工木材で憧れのウッドデッキ

ウッドデッキで遊ぶ子供

家族で過ごすリビングの窓の外。そこには自然を感じさせるウッドデッキ。そしてそこでくつろぐ休日。そんな素敵な光景に憧れたことはありませんか。最近ウッドデッキって流行っていますよね。街中でも庭先にウッドデッキがついているお家を見ることも珍しくありません。気軽の外の空気を味わうことができるウッドデッキは休日にお子様と外で遊ぶことも、お友達を呼んでパーティーを開くことも気軽にできます。でもウッドデッキって屋根もないし、風雨にさらされてメンテナンスが大変そう。腐ったりシロアリがついたりしないかも心配ですよね。確かに天然木使うと、その心配が大い…

人工木材と天然木材との違いを解説

くつろぐ女性

人工木材とは、ABS樹脂などのプラスチック系樹脂と木粉を混ぜて作られる工業製品で、プラスチックの性質と木材の性質二つを併せ持っています。天然木材での考えられるデメリットはまず、腐食やシロアリなどの被害のリスクがありますが、人工木材を用いればそれらのリスクを低減出来るというメリットがあります。そのため雨風にさらされる野外のウッドデッキなどに向いている素材です。しかし各メーカーでいろいろな割合で木粉を混ぜて木の質感を表現しているので、木の腐食やシロアリの被害もその木粉の割合に応じた分高くなります。割合が多ければ多いほど天然木材のような質感を表現…

機能性も抜群で傷みにくい人工木材

ウッドデッキ制作中

家を建てたり購入すると、リビングやダイニングから続くウッドデッキに憧れて、設置したいというかたも多いと思います。ウッドデッキをテラス風に使ってティータイムなどゆったり過ごすのも、一戸建ての楽しみだったりします。しかし、ウッドデッキは傷んだり腐ったりするので、購入や設置を躊躇してしまうかたも多いようです。そのような時は、人工木材で出来たウッドデッキがおすすめです。現在はいろいろなメーカーから、たくさんの人工木材のウッドデッキが発売されています。人工木材なので、木製と違って傷んだり腐ったりという心配もありません。外に設置するものなので、雨や風に…

ガーデニングに最適な人工木材ウッドデッキ

いろんなサボテン

一戸建てで、素敵なガーデン作りやガーデニングが趣味の方は、ウッドデッキを欲しいという方も多いようです。やっぱりウッドデッキがあると、お庭が映えて素敵ですよね。ウッドデッキにお花を飾ったり、ぶら下げたりとアレンジの幅も広がります。しかしガーデニングでは水を使うので、ウッドデッキの傷みも気になるところです。最近出ている人工木材は、水にも強いのでガーデニングが趣味の方にも適しています。水やりの時にウッドデッキの傷みを気にしなくて良かったり、土などで汚れてしまってもホースで水をかけてキレイにすることが出来ます。メンテナンスもとてもラクなので、汚れや傷みを気…